今日、かつて僕が働いていた郵便局時代の方と共にネットカフェに足を運んでおりました♪
その方(仮名)スガさんはネットを普段あまり使わないので、ネットで買い物をするのが一人では苦手なのです。
それなので、スガさんがネットで買い物をする際は、僕に電話を掛けてきます。
スガさんはPCを持っていないので、ネットカフェに行ってそこのPCでショッピングをするのです。

今回、何ヶ月かぶりに呼ばれて、そういった事をしておりました!

スガさんがPCで色々と調べ物をしている間、久しぶりにまだ読んでいないコミックを読ませてもらいました!

最初に読んだのはこちら♪


これはなんとかの有名な「男塾シリーズ」で出てくる塾「男塾」がどのようにして出来上がったかを描いています!
それに驚いて最初にこの真!!男塾 ( 1)を読んでしまいました♪

読んでて驚いてしまいましたね!
この中で実在の人物をモデルにしたと思われるキャラクターが何人か出てくるのですから~!

モデルとなって登場する人物
田中角栄、ドナルド・トランプ、岸信介

特に田中角栄や岸信介は日本史の教科書にも出てくる日本の元総理大臣!
この点からも後できちんと日本史のブログでも紹介しておきたいと思うようになりました♪

※日本史の観点を主体にして記事を書いた記事はこちら♪
http://logic-jap-history.seesaa.net/article/451363398.html


真!!男塾 ( 1)」の後に読んだのはこちら♪


「極!!男塾」が去年連載が終わっていたのは、今日初めて知りました!
それなのでどんな終わり方をしたのか気になって最初はこっちを読もうとしました!

しかし、「男塾」誕生秘話を描いた「真!!男塾 ( 1)」の方が気になったので、そっちを先に読んでしまいました!(笑)

8巻も読もうとしたところで

「そろそろ、ネットカフェ出るか!」

とスガさんに言われて、時間切れとなったので8巻は読めませんでした~!Σ(゚д゚lll)




この8巻を読めたらまた報告しておりますね~!
7巻も急ぎ足で読んだためにブログ記事で「ここがよかった」と書けるレベルではないので、読んだ報告しかできないです~!(笑)

とりあえず、今回は男塾の誕生秘話を描いた「真!!男塾 ( 1)」との出会い報告がメインです♪